0102今日は、朝から北が爆風。午後から安定して、北10〜15m。絶好のspeed日和。でも、指が痛いので今日もウインドはお預け。なので、夕方シャオフェンとお散歩に行くことに。
散歩しながら、さりげに海を見ると、ものすごいspeedでかっとぶウインドがいる。
あにゃ〜〜、速いな〜、きっとkinちゃんだな〜〜と思いながら、みんなで石畳に行くと、やっぱりkinちゃんだった。聞くと、森戸での自己最高記録64km/hを出したという。
でも、はたから見ているともっと出ているように見えた。kinちゃんをもってしても、森戸のチョッピーでは64km/hなのか…。そして、それ以上は「怖い」とも言っていた。ひええ〜、kinちゃんが怖い世界って、どんな世界なんだろう…。

0304kinちゃんと浜でmeetした時、ちょうど板をチェンジするところだった。falcon90から、isonic94にチェンジしている。
後から、両者のインプレを聞いてみた。
曰く、isonicはjibeがやりやすい、というよりはjibeに入りやすいとのこと。要因としては、リフト・パワーが違うらしい。faloconはリフトが強く、isonicはリフトが弱いらしい。リフトが弱いため、しっかり海面を噛むらしく、海面が荒れれば荒れるほど安定する。そのため、jibeでもそのまま入っていけるらしい。
また、剛性もかなり違うらしい。当然だけど、カーボンで巻くfalconは硬く、woodのisonicは柔らかい。そのあたりもリフトと影響しているんだろうとのこと。
硬く、リフトが強ければ、走り出しやアンダーに強くなるが、ラフ海面+オーバーでは、板を安定させるのが難しくなる。逆であれば特性も逆になる。
ちなみに、64km/hは、falconでいきなり出した記録だったとか。
おでんkinちゃんを見送ってから、北風がつよいので神社側に移動、okinuが買ってきたおでんをつまみにmeoto魅惑。これが結構いける。
で、あらためてkinちゃの走りを堪能。

goroすると、後ろから、「後ろに気をつけろ」とわけ分からないコメントを投げかける男がいる。
振り向くと、アーノルド・シュワルツネガーことGoroちゃんが仁王立ちしている。
「いや〜、いると思って来てみたらいたよ」などと、わけ分からないコメントにいとまがない。
「いや〜、来ると思っていたから焼肉行こう!」と、私もわけ分からないコメントで応酬。
「??」ここでたじろぐアーノルド。よし、つかみはOKだ!
「じゃ、行こう、よし行こう、さっそく行こう!」

雅娘さっそく、30分後「焼肉韓厨房 雅娘」で集合。
アーノルドは一度家に帰り、鞄をおいてそのままチャリで来ていた。
アーノルドと愛用のチャリが画面にみえる。ちなみに、このチャリで、通勤のバスを抜いていくのだ。

大トロカルビで、今日のテーマは「007」。面白いのは、第一作は現在では原題通り『ドクター・ノー』であり、第二作は、『ロシアより愛を込めて』だが、日本公開時には『007は殺しの番号』、『007危機一髪』だという事実を知らなかったこと。
また、『star wars』の「force」も日本公開時には「理力」と訳されていたことも知らなかった。
うう〜ん、ジェネレーション・ギャップってやつ?
これに似た質問に『チャコとケンちゃん』、どっちがおねえさん? それともお兄さん? があり、この答えで世代が分かる…。
ちなみに、画像は、超絶「三浦葉山牛特選大トロカルビ」。アーノルドも腰を抜かしていた…。