teppougushi青山の帰り、okinuと待ち合わせして鎌倉に焼鳥を食べに来た。
ここは鎌倉の焼鳥屋さんで一押しのお店。
「D」と並ぶ私たちの鎌倉における御用達のお店だが、考えたら紹介した事がなかった。なので、今日、あらためて紹介しよう。
ちなみに、使用する鶏肉は全て軍鶏(しゃも)肉だ。
beerさび焼まずは、生ビール。「ヱビスビールあります。」
で、まずは「さび焼」。これがないと始まらない、終わらない。ここではポン酢醤油のタレに浸っています。
ミツバの香りがやさしいです。

バラシソお新香「バラシソ」と「お新香」。
バラシソはビールがすすむ一品です。うう〜〜ん、美味しい。

しいたけレバーokinuの大好きな「しいたけ」と、私の大好きな「レバー」を塩で。
レバーを食べればその店のクオリティが分かります。当然、ここのレバーは絶品級です。お薦めです。ビバ!レバ!

counter枯山水レバーを頼んだら日本酒です。レバーには日本酒がよく合います。
で、この店の魅力の一つは日本酒を取り揃えていること。
で、出羽桜の「枯山水」をオーダー。ちなみに、出羽桜は、私の思いでの日本酒。
昔々、酒税法で日本酒が一級酒、二級酒と区分されていた日本酒の暗黒時代、市販の日本酒はとにかくまずかった。うっ!という感じだった。そして、日本酒とはこんなもんだと思った。誰もが思った。なので日本酒離れが日本中におこった。まさに、日本酒の暗黒時代。
そんな中、とあるお店で、「月とすっぽん」というメニューがあった。何かと思えば、市販の二級酒と「出羽桜の純米吟醸」のワンショットが1杯づつお盆に乗っているものだ。
へ〜〜と思って飲んでみた。飲み比べた。ええーーーーーーー!ショックだった。その日本酒のあまりの違いに言葉を失った。そして、出羽桜の味を表現する語彙がなかった。今なら、淡麗泡醇とかフルーティーとか言うんだろうが、ともかく絶句した。そして思った。これが日本酒だったんだ…。以来、日本酒が好きになった。その記念すべきお酒なのだ。出羽桜に感謝感謝。

つくねぎんなん「つくね」と「ぎんなん」。
「つくね」は軟骨が入っていて、コリコリして美味しい。
で、今日は銀杏並木を歩いたからね。「ぎんなん」は必須だ。美味しい。

ぼんぼちハツ「ぼんぼち」と「ハツ」。
「ぼんぼち」は「ぼんじり」とも言うが、ここでは「ぼんぼち」。ちなみに、地域で呼び名が違うようだが、具体的にどの地域が「ぼんぼち」なのか「ぼんじり」なのか調べた事があったが、結局、分からなかった。謎だ。
で、「ハツ」! 絶品だった。とろけるようなお味だった。これまた、お薦め!
でで、本来、最後の締めは「鶏雑炊」なのだが、お腹が一杯になってしまった。
なので「鶏雑炊」は次回に紹介します。よろぴく。