anhiko昨日の昼に行こうと思ってウインドしたから行けなかった逗子のお蕎麦屋さんにお昼、okinuと行く。
ちなみに、事前に調べたら定休日は昨日だった。なんだ、いずれにせよ昨日は行けなかったのではないか。くほほ。
interiorbeerさっそくお邪魔します。
昼時といってももう3時近くなので他にお客さんはいない。
店内は意外(?)と広かった。
では、ええ〜と、まずは生下さい。

天ぷらheshiko「天ぷら盛り合わせ」。
ちょっと揚げすぎだが、美味しい。あ、生、おかわり。
と、ビール飲んでたらだんだん調子が出て来た。って、何の調子か分からないが、せっかくだから越前直送という「へしこ」をいただく。
で、へしこ頼んだら、日本酒でしょう。ここは福井の酒がおいてある。では「雲の井」を熱燗で下さい。
うん、へしこは美味しい。日本酒と合う。ちなみに、へしこを天ぷらのついていた生姜、だいこんと絡ませて食べると美味しかった。

出し巻き卵おろしそば3時から注文出来る「出し巻き卵」。ちょっと出汁が出すぎだが、悪くない。で、熱燗、おかわり。あ、瓶ビールも下さい。
さて、締めのそば。ここでは「おろしそば」が名物。
そう、ここは、越前おろしそばの店なのだ。おろしそばは越前が発祥だという。かつて、そばつゆが洗煉されてなかった時代、醤油を大根おろしの汁でのばして食したのが始まりだという。
で、出て来たものを見ると、そば湯が湯飲みで出てくる。だいこんが季節によっては辛い時もあるので、そのための口直しとして、そば湯を添えて出すのが越前おろしそば発祥の地、福井の食べ方らしい。
ちなみに、神田の藪そばでも、お茶は出てこない。「あがり」はそば湯だからだ。でも、この店では入るとはじめお茶が出てくるので「あがり」とは考えていない。あくまで、おろしそばの口直しで出てくるのだ。
さてさて、お味は…。ずず、ずず〜〜〜〜…。たしかに、大根が辛い。なので、蕎麦の香りが打ち消される。
蕎麦の香りを楽しみたい方はあまりお薦め出来ないが、まあまあ、美味しい。
そんなこんなで堪能しました。
ただ、気になったのは、アルバイトなのかな?接客態度がど素人だった。ここは要改善だね。