jinja今日は、クリスマス。そんなクリスマスの日、午後、南西強しの予報有り。くほほ、クリスマス・プレゼントってやつですか。
予報では15時から12m/sオーバー。
しかし、午前10時半から10m/s吹いてきて、お昼には南西12〜14m/s。
おっと!本日は前倒し人事だ。ということで、4.0のwave set持って南西だからjinjaへGO!
senkanmatsuところが、jinjaに着くと、イマイチ吹いていない。
でも、体感風速11m/sはあるからギリギリ走るだろう、ということで4.0で出艇。
海に出てみると、実際は西南西。出れば出るほど西に振れる。なんだ、西じゃん。morito beachから出ればよかったと思いながら、フラフラ出るものの、ギリギリの走り。
おいおい、吹いてないぞ。

morito beach実際、4.0でギリギリ走る風で、しかもガスティ。たまに、ブローでギュイイイーーーンと走るものの、全体的にはアンダー。ガスティだから疲れる。
頑張ってしばらく走るけど、疲れるのでmorito beachにあがって休憩。

tsuyuchan休憩しているとyasubei参上。
「どうですか」
「ダメ。4.0でギリギリ」
「そうなんですか。逗子見てきましたけど、死ぬほど吹いてましたよ」
「そうそう、お昼前後は吹いていてけど落ちちゃった。最初、南西で今は西。このまま、北に変わるのかな〜〜」
なんて会話を交わしていたら、なんとtsuyuchan参上。
私たちの会話を聞きながら4.5をset。
yasubeiと二人でそんなtsuyuchanの4.5の走りを確認してから今後の経済動向を決定することに。

tsuyuchantsuyuchan出艇。すると、morito beach yoko sideから、主(あるじ)のyokoちゃんも出艇。

yokochanそんなtsuyuchanとyokoちゃんが出艇すると、何故かいきなり吹き上がる。吹き上がる、吹き上がる。
おいおい、ということで、私も出てみたら大西だった。いや、超西だった。かるく15m/sオーバー。18m/s前後吹いている。
波もモリモリ。泡盛状態。

yasubeitsuyuchanもあわてて4.5から3.7にチェンジ!by obama。
yasubeiも3.7で出艇。

morito beachyasubeiと休憩中の会話。
「やばいっすよ。こんなmorito、10年ぶりですよ」
「そうだよね。くわ!防波堤の向こうで割れているよ」
「久しぶりにmoritoのショアブレイクが恐怖に感じましたよ。出るとき、タイミング、計っちゃいましたよ」
「…。ねえ、それって翻訳すると、じゃあ、いつもの大西なら目をつむってでも出られるというわけだよね」
「…。そういいうことになりますね」
「だはは、すげー!本日のblogネタ決定だよ」
「ははは。でも、それ読んだ人、すげー感じ悪い人だと思いますよね」
ということで、くれぐれも言いますが、yasubeiはとっても良い人ですから。
画像は、超西で置いといた私の道具がぶっ飛ぶ瞬間。

yokochanyokoちゃんのライディング。
この後、ボトムターンしたけど、撮影出来なかった。ごめん。
で、ここでkinちゃん参上。

kinchankinちゃんが出るとkinちゃんのこれしか持っていない4.2のセールがバリバリいっている。オーバーの証だがこれを見たyasubeiとの会話。
「セール、バリバリいっているねえ」
「本当ですねえ。ダウン引きすぎですよね」
「くふふ、そうだね」
つまり、こういう事だ。実は私とyasubeiは、スキニーマスト・セッティング研究会を発足していて、日々、スキニーマストを使用したセールのセッティングの普及啓蒙を進めているのだが、二人の認識ではセールがバリバリいうまで引いた場合、引きすぎであるというのが仮設なのである。
あ、でも、あくまで仮設ですから。

yasubeiさて、どんだけ吹いているかと言えば、kinちゃんやyokoちゃんが沖のジャイブでぶっ飛ぶぐらい吹いている。
そんな中、yasubeiのライディングはやっぱりすごかった。
画像は、yasubeiのバックサイドでリップにあてた瞬間。さすがです。フロントもすごかったけど、上手く撮影出来なかった。ごめん。一眼レフじゃなきゃ無理。

3shot最後、tsuyuchanがkinちゃんとyasubeiと三人で乗っているところ、撮って撮って!と人のウインドをさておいてオーダーする、そんなtsuyuchanが大好きだ。
で、しばし、タイミングを見ていると、肝心のtsuyuchanがショアブレイクのご馳走になっている。おいしそう。
結局、海上で三人が画面の中に揃うことはなく、唯一そろったのが、このショット。
まあ、一応、オーダー通りですけど。

tsuyuchanそんな、tsuyuchan。反省。
そんなこんなで、今年のクリスマス・プレゼント。てんこ盛り。贅沢はいいません。来年はもう少しだけ質素なものにして下さい。

christmas家に戻って、我が家の質素なクリスマス。
いやあ、しかし、吹いたなあ。3.7のセール、欲しいなあ。
あ!でも、もしかして!と、クリスマス・ツリーの靴下を覗くと…。何も入ってなかった。