DSC01225
今日は、三浦アルプス横断トレッキングの予定が参加者のほとんどがドタキャンのため、急遽中止となったので、okinuと紅葉を求めて箱根に行ってみることに。
DSC01228
小田原到着。

DSC01232
箱根登山鉄道で箱根湯本に向かいます。

DSC01233
ゴトゴトゴト…。

DSC01235
箱根湯本駅到着。
強羅行きの電車はめちゃ混みで、入場制限していました。

DSC01237
駅から山側を望む。

DSC01241
お昼は「はつ花」さんの新館に向かう。
正面がそうです。

DSC01242
「河鹿荘」。

DSC01246
「はつ花」さん。
30分待ち。

DSC01248
入口。

DSC01250
まずは、ビールで乾杯。

DSC01251
おつまみの「みそわさび」。
美味しいので、帰り、お土産さんでget。

DSC01254
「せいろ」の大盛。
「せいろ」といっても、名物の「つけとろ」となります。

DSC01247
「玉簾の滝」を目指します。

DSC01258
「山家荘」。

DSC01262
「龍門」。

DSC01261
「暮姫」の解説。

DSC01260
暮姫さん。

DSC01283
「飛烟の瀧」。

DSC01263
「飛烟の瀧」。

DSC01265
「玉簾の湧き水」の解説。

DSC01266
コップ持参で、飲んでみる。

DSC01271
「玉簾の瀧」。

DSC01267
「玉簾の瀧」。

DSC01275
ホトトギス。

DSC01274
ホトトギスの花。

DSC01277
玉簾神社に向かう。

DSC01279
参道。

DSC01280
参拝。

DSC01282
玉簾神社の解説。

DSC01284
須雲川。

DSC01285
悠然とした造形。

DSC01287
寂びの美学。

DSC01289
非常階段。

DSC01291
「旭橋」。
RCタイドという構造では全国でも最大のスパンを持っている。

DSC01293
「箱根湯本温泉発祥の湯」。

DSC01294
でも、ちょいと地味かも。

DSC01297
水力発電。
東京電力です。

DSC01295
ドドドドーーー!

DSC01298
「函嶺洞門」。
工事中でした。残念。

DSC01301
チョロチョロチョロ…。

DSC01302
洞門の脇を望む。
紅葉はまだまだでした。

DSC01303
早川の清流。

DSC01304
洞門の西側。

DSC01306
「千歳橋」。
「旭橋」「函嶺洞門」「千歳橋」3つまとめて土木学会の選奨土木遺産になっています。

DSC01307
早川。
この辺りは流れが速い…。

DSC01308
「福住楼」。
18年前に泊まったことがあります。

DSC01310
上から千歳橋を望む。

DSC01309
「七福神」。
ここから「阿弥陀寺」を目指します。

DSC01311
福禄寿さん。

DSC01312
弁天さん。

DSC01314
「風になり 風をきく」。
全てのウインドサーファーに捧げます。

DSC01315
上から福住楼を望む。

DSC01318
阿弥陀寺はこの上にあります。

DSC01322
「中門」。

DSC01323
見守っておられます。
ちなみに、2年前にはいませんでした。

DSC01325
「六地蔵」。

DSC01327
重ね重ね、紅葉はまだです。

DSC01330
「誠観音」。

DSC01333
「阿弥陀寺」。
皇女和宮の位牌が祀られています。

DSC01332
井戸。

DSC01336
阿弥陀寺を辞去。

DSC01337
「フォレストアドベンチャー・箱根」。
次回、チャレンジしたい。

DSC01341
箱根湯本駅裏の「かっぱ天国」で足湯をいただきに。

DSC01343
通路。

DSC01347
足湯。
極楽。
200円。

DSC01352
夜の湯本駅。

DSC01351
お土産屋さんの王道。

DSC01354
焼きたて。

DSC01356
一ついただく。
70円。

DSC01359
夜の「湯本富士屋ホテル」。

DSC01361
小田原に向かいます。

DSC01363
「城下町ホルモン」で焼肉。

DSC01384
インテリア。

DSC01365
ビール。
もちろん、メガジョッキ。

DSC01367
「冷やしトマト」。

DSC01369
「牛タン」と「ハラミ」。
味が付いているので焼くだけでOK。

DSC01376
「ポテトサラダ」。
カレー味で美味しい。

DSC01377
「特製肉味噌きゃべつ」。
最高の美味しさ。

DSC01383
締めの「上カルビ」。
これまた美味しかった。
いやあ、堪能しました。
ビバ!箱根・蕎麦〜小田原・焼肉!