IMGP0399
本日、New Weaponが入荷しました。
発注して半年、ついにきましたNAISH HOKUA X32 8'3” LE。
コンセプトは…
・短い板が欲しい。
・小波で楽しみたい。
・片道30分〜90分のクルージングに対応したい。
以上を満たすために、長さは8'3"。
クルージングの安定の確保のため幅32インチ。
結果ボリュームは今の板より5Lアップの130L。
ちなみに、本来のこの板のコンセプトは体重がある人、もしくは小波対応。
NAISH-HOKUA
今持っている9'0"(画像右)との比較。
いわゆるショート&ワイド。
ウインドの場合、軽風だったらショート&ワイドの方がジャイブが楽ちん。だったら、ダップで小波だったらショート&ワイドの方が楽ちんでターニング出来るのではないか、というのが個人的な仮説。

IMGP0393
LEはカーボン・バージョン。
デッキはハニカムで武装されている。
実質カスタムらしい。
重さは今の板とFINの分だけ軽い感じ。

IMGP0394
派手なボトム。
実はLEのウィーク・ポイントはこのボトム。
カーボン一層なので弱いらしい。
なので、岩場でボトムを下にして置くのは厳禁らしい。

IMGP0397
とりあえず付随の純正フィン・セットで出艇。
ちなみに、タイのコブラ工場製ではなくMade in China。
そのせいなのか、フィンボックスはUSボックスと微妙に異なり、FCSのボックスもプラグサイズも違う。また、エアバルブのボルトも一般的なものではない。

IMGP0402
ワカメの即売会をしておりました。
500g 500円。

IMGP0408
さっそく、実戦投入。
でも、南7m/sぐらい吹いている。大丈夫か?

IMGP0418
とりあえず名島まで行ってみる。
ダップでは強風だったけど、ぐいぐい進みます。
やはりカーボンで硬く、自重が軽いので走りが良いのかも。

IMGP0413
この後、名島一周。
名島裏名物超うねりと向かい風7m/sと闘うも、粛々と進みます。
やはり自重が軽いのに加え、幅があるのが効いているようです。
ただ、当たり前だけど、全長が短いので前後の立ち位置がシビア。

IMGP0421
でも、調子こいていたら普通の所で風にあおられ沈。
なので、裕次郎灯台に滴が映り込んでいます。
その後、森戸海岸でクルクルの練習。

IMGP042-02
この日、ウインドで快適にカッ飛んでいた大魔王さん。
流石です。
やっぱり今日はウインドですよね。

DSC05742
本日の夕照。

DSC05743
我が家では新しい板をゲットしたら焼肉という都市伝説があります。
ということで久しぶりにいつもの焼肉屋さんを急襲。
で、新しい板と、風龍の全快を祈願して乾杯!

DSC05747
豚足。

DSC05749
赤タン塩。
ようは舌の先っぽの方です。
でも、白いの混じっているのでややセンターの部位。

DSC05751
季節限定、新わかめのサラダ。

DSC05752
マッコリ。
かめ(1L)です。

DSC05754
上ハラミ。

DSC05757
締めの松の実粥。
いや、久しぶりに焼肉を堪能。
ごちそうさまでした!

DSC05760-02
お店のファミリーと一緒に。
ごちそうさまでした!!
ちなみに4月12日、テレビで紹介されるそうです。
加えて、もしかするとミシュラン2015に掲載されるそうです。
うう〜〜ん、しばらく混んじゃうかも…。