RIMG0605
本日はプレ春一番。予報通り10〜12m/sの風が吹いている。ということで風が安定した午後から久しぶりのウインド。って、昨年の9月2日以来。久しぶりすぎる…。大丈夫か??
さて、本日は、昨年10月18日に入荷していたNew Weapon、Gaastra SAVAGE 5.5の2016モデルを実戦投入してみる。はたして、その実力は?
RIMG0610
4ヶ月寝かして熟成度を高めたSAVAGE 5.5。
とりあえず、指定通りに張ってみる(画像)。今日初めて乗るのでバテンテンションもマイルドに。
さて、乗ってみると…。
走り出しがあまり良くない。セイルも重い。風が流れていない感じ。ダウンが弱くツイストが足りないようだ。
また、ハーネス位置もしっくりこないので海上で調整。
でも、明らかにダウンが弱いので浜に戻ってチューニング。
ついでに、出艇するときに思い切り刺さったウニのトゲを抜く…。

RIMG0612
ダウンを1cmさらに引いてみる(画像)。
これでかなり調子良くなった。トップスピードも伸びる。トップスピードでアラレちゃんみたいに「キーーーーーーン」と鳴る。
さて、新しいSAVAGE、最大の特徴は、新しいバテンの採用でダウンを引くだけで画像のようにフォイルが出来上がる。
初めからフォイルが出来るのでアウトの調整は慎重に。
下から3本バテンはフォイルが自然に出来るので、上3本バテンはツイストを与えるためにバテンが落ちるまで充分引くのが鉄則のようだ。なので、上からも下からも4本目のバテンは真っ直ぐのままになるのがポイントかも、と仮説化してみる。

murata
さて、チューニングのために浜にあがっていると、つゆちゃんが浜にやってきて、沖でセイルアップしている人を指して「あれ、JWSSの人」と聞く。
良く見ると、確かに、沖でやばそうにセイルアップしている人がいる。
「いや、今日は来るとは聞いてないよ」と答え、しばらく沖のセイルアッパーを二人で見守る。
でも、なんとか乗っているので大丈夫でしょう、ということになる。
で、私がチューニングを見直し出艇すると、aoさんとすれ違う。
なんと、セイルアッパーはJWSS aoさんだった!って、いたんだね。びっくりポン、びっくりロン!
* 画像はmuraさん撮影。ありがとうございます!

RIMG0615
そんな風も何故か15時半すぎに落ちる。
吹き続けるものと思っていたのにびっくり。
でも、久しぶりのウインドなのでこの辺で潔くやめるのも大人の努め。
ということで、撤収。

RIMG0617-02
まだ時間もはやいのでつゆちゃんと魅惑。
で、aoさんを誘いに艇庫に行くと、なんとkouさんとSeanもいた。
ということで、この後、kouさんも合流して魅惑。

DSC04029-02
その後、kouさん、aoさん、Seanといつもの中華屋さんで、JWSS中華の会。
で、kouさんは新年会。

DSC04032
裏メニューの白菜のお漬け物。
美味しい!

DSC04035
裏メニューの「肉入り野菜炒め」。
一見、いつもの肉入り野菜炒め。
で、その正体は、新潟の塩だけで炒めた、野菜の甘みを引き立たせた一品。野菜好きにはたまりません。
そんなこんなで、お疲れ様でした!